文房具バカの☝イチオシ〜NO BUNBOUGU,NO LIFE.

文房具をこよなく愛す福岡人。映画と読書もジンセイの友♫

【B】1月31日放送開始のドラマ『限界集落株式会社』が期待できそう!!

f:id:bunbougubaka12:20150124223125j:plain

みなさん、こんばんは!! 
文房具バカ半兵衛(@bunbougubaka12)です。昨年、大分県九重町
春の田植えを経験しました。4時間ほどでしたが、自分にとっては初めての農業体験。ふだん、あまり意識することがない食や農業について、考えさせられた1日でした。今年は佐賀県の棚田をぜひ見に行きたいです。さて、今日のイチオシは、1月31日(土曜日)夜9時からNHKで放送されるドラマ『限界集落株式会社』(5話完結)

 

まずは、番組予告の動画を見てみましょう。


土曜ドラマ「限界集落株式会社」の基礎知識 - YouTube

関東地方の奥、山深く囲まれた小さな集落「止村」。人口50人ほどの小さなこの村は、市町村合併後、病院・バスも廃止に向かい、消滅寸前の限界集落と化している。農家の大内正登は、かつて20代の頃、有機農業に挑戦したが失敗。多額の借金をつくり、両親と娘を置いて、東京に逃げていた。13年たった今、父・一男が亡くなり、一男の畑を継ぐと言い出した娘・美穂と年老いた母・弥生を助けるため故郷に戻った。だが、そこに待っていたのは「農業」をとりかこむ低収入の壁だった。そんな中彼らの前に謎の経営コンサルタント・多岐川が現れる。多岐川はあの手この手を使って農業の活性化を計るが・・・。

 

そこで、このドラマの見どころをまとめてみました。

f:id:bunbougubaka12:20150111165050p:plain

 

1.原作が、イチオシ

このドラマの原作は、黒野 伸一氏の「脱・限界集落株式会社」。年末に、2時間で読み終えました。限界集落という重いテーマにもかかわらず、スピード感があり、爽やかな読後感だったので、みなさんにご紹介したいと思った次第。

ちなみに限界集落とは、65歳以上が地域の半数を超えると地区のこと。過疎高齢化の村の方が分かりやすいかもしれません。

その過疎の村に、都会でサラリーマンをしていた主人公が、父の暮らしていた田舎の空き家へ帰郷したことから始まります。地域の役所からも見捨てられた村。しかし、農家の人達との交流を通じて、あの手この手で地域再生のために取り組み始めるという社会問題解決小説です。

2.NHKドラマなので、楽しみながら学べそう

この原作のテーマは、「農業」「過疎」「少子化」「地域再生」という地味めなもの。NHKであれば、どのように料理してくれるかが楽しみです。NHKスペシャルなどのノウハウを生かして、分かりやすく解説してくれるドラマになることを期待。

3.ドラマの俳優さんが、豪華!!

原作では、登場人物たちが、個性的で、キャラが立っていて、感情移入できました。

ドラマでは、主人公を演じるのが、反町隆史。そして経営コンサルタント谷原章介、それ以外にも松岡茉優加藤虎ノ介鈴木浩介などの若手俳優。また平泉成寺田農などのベテラン実力派俳優まで豪華なメンバー。

 

f:id:bunbougubaka12:20150127214202j:plain

☝︎最後に

もし、このドラマを見られて面白いと思われた方は、黒野 伸一氏の「脱・限界集落株式会社」を読まれることをオススメします。今、話題になっているJA(農協)の実態などがよく取材されていると感じました。何より、人々が自分の得意とする分野で村の再生にかかわっていく姿を見てると「自分も頑張ろう」と前向きな気持ちにさせられる作品ですので。ドラマの内容と原作はかなり違う部分もありますので比べてみるのも楽しいかも。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。それでは、また。ご機嫌よう。

NO BUNBOUGU,NO LIFE!


Amazon.co.jp: 脱・限界集落株式会社: 黒野 伸一: 本

反町隆史主演「限界集落株式会社」、出演者決定しました! | 土曜ドラマ | ドラマトピックスブログ:NHKブログ