読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具バカの☝イチオシ〜NO BUNBOUGU,NO LIFE.

文房具をこよなく愛す福岡人。映画と読書もジンセイの友♫

【B】ポメラを使い倒すための、3つの道具〜ポメラのお話②

こんばんは、まだまだ寒い日が続いてますね。
冬はMacBookAirが冷たくなるので、ポメラの使用頻度が高くなる文房具バカ☝半兵衛(bunbougubaka12)です。

f:id:bunbougubaka12:20150111173253j:plain

先日ご紹介したデジタルメモ帳のポメラ。本日は、そのポメラをさらに使い倒すために、3つのアイテムを紹介させてもらいます。

 

 

1.書見台

ポメラの用途の1つとして、本や雑誌の必要部分をテキスト化することがあげられるのではないでしょうか。この書見台があれば、打ち込み作業が、かなり楽になります。頭と首を動かさず、本を見ながら打ち込みに専念できるからでしょうか。
とくに多くの文章をテキスト化するときは、作業後の首と肩の疲労感が全然違うんです。
f:id:bunbougubaka12:20150111173649j:plain

ぼくが使っているのは、HIGHTIDEのメタルブックレスト。軽くて折りたたむこともできる書見台ですが、タブレットなどもOK。北欧風のデザインで価格も735円とお手頃。折りたたみ式というのがポイントで、常に仕事カバンに常備しています。

メタルブックレストの6つの特長”

①お手頃価格:735円

②軽い:150g

③折り畳式なの邪魔にならない

④角度が3段階調節可能

⑤薄い紙〜分厚い本まで、OK
⑥カラーが豊富で6色展開

 

Amazon.co.jp: メタルブックレスト【ミント】 DB016 MT: 文房具・オフィス用品

2.ノイズキャンセリングイヤフォン

f:id:bunbougubaka12:20150111173917j:plain

これがあるのと、カフェなどの騒がしい場所が一瞬で静寂空間になります。

僕が使っているのは2013年に購入したSONYの MDR-NC100DB(¥9,334円)。

最新モデルには劣るのでしょうが、十分まだ活躍してくれています。

基本的にノイズキャンセリング機能付きのものは、安全上、人の話し声は遮断しないように設計されているそうです。
しかし、ザワザワした声にはよく反応してくれますね。

このイヤフォンで音楽を聞きながらやると、自分のすべきことに没頭できます

モノクロ2月号の「イヤフォン・最強ランキング」で3位だったSONYのMDR−EX31BN (実売価格5000円)。ノイズキャンリング機能があり、無線接続なのでケーブルレスで買われた方の評価も高いので、購入を検討中です。


Amazon.co.jp: SONY ワイヤレスステレオヘッドセット レッド MDR-EX31BN/R: 家電・カメラ

3.予備電池(エネループ)

f:id:bunbougubaka12:20150111174116j:plain

DM100では単3電池2本で、30時間動いてくれます。驚異的なタフネスぶり。
確かに、よく動いてくれるんですが、バッテリー表示が減り始めると一気になくなるという弱点が・・・。
だから、常に予備電池はカバンに入れてます。エネループだと、何度も繰り返し充電できるのでエコで財布にも優しいですね。
 


Amazon.co.jp: Panasonic eneloop 単3形 4本パック(スタンダードモデル) BK-3MCC/4: 家電・カメラ

f:id:bunbougubaka12:20150106210822j:plain

☝最後に

DM100は2011年11月25日発売ですから、すでに3年が経過。モデルチェンジが激しいデジタル・ガジェットの世界では、これは異例のロングセラー!!

ポメラのユーザー(通称ポメラニアン)の中には、このモデルを究極のポメラとおっしゃる方もいるようですね。
欲をいうと、もう少し軽いモデルがでてくれれば嬉しいんだけどな〜。